安心できるクリニックを探す術|脂肪吸引でスタイル抜群に

ウーマン

美肌にするための治療

医師と患者

施術後の紫外線対策

美容外科でのレーザー治療には、大きく分けて2種類あります。まずは、異常が生じている肌を焼いて除去するというレーザー治療です。これにより、シミやニキビ跡やイボなどを、熱によって炭化したり蒸散したりすることが可能になります。そしてもうひとつが、マイルドな熱による微弱な刺激で、肌のターンオーバーを促すというレーザー治療です。刺激を受けると肌は、刺激に負けない状態になるために、細胞分裂をさかんにおこなうようになります。つまり新しい元気な細胞が多く生み出されるということですから、それにより肌が若々しくなり、シワが消えていくのです。どちらのレーザー治療も、美肌効果が高いため人気があります。しかし施術後の肌は、1ヶ月ほどは紫外線の影響を受けやすくなります。放置しておくと紫外線によるシミができる可能性があるので、十分に紫外線対策を行なうことが必要となります。

その他の効果

シミなどを除去するレーザー治療では、生まれつきできているホクロも除去することが可能となっています。シミはメラニン色素が集まることでできているのですが、ホクロもやはりメラニン色素によってできています。そしてレーザーには、色に反応して熱を与えるという性質があるので、そのためホクロに照射すると、メラニン色素が焼かれてホクロが除去されるというわけです。同じ原理で、刺青もレーザー治療で除去することができます。また、ターンオーバーを促すレーザー治療では、小顔効果も得ることができます。新しい細胞が作られれば、それだけ古い細胞が肌から除去されることになります。古い細胞は、老廃物を多く取り込んでいる分肥大化しているので、それが新しい細胞と入れ替わることで、顔からは老廃物が減っていきます。その結果、顔が小さく引き締まっていくのです。